So-net無料ブログ作成

「古事記を踊る」@gallery bar kajima [制作・活動]

9月11日はギャラリーバーカジマで「古事記神代の巻を踊る」

松田弘行さんの笛の音でスタート
蔡怜雄さんが唄とトンパクフレームドラム(イスラムの打楽器)を、、、、
空気が変わり異空間へ、、、


やないさんの龍昌寺での古事記朗読が流れ、
加島さんの古事記神代の巻の説明が入りました

いよいよ古事記の音、唄いと舞へ、、、、
加島さんから踊りが始まりました

ここからは

全身、足の先から髪の先まで、
笛の音、ドラム、古事記の唄、
ろうそくの灯りに天井からのライト、
観客の方々、、、
いろいろ通り抜けて行きました
とっても不思議な感覚です

なにをしたかよくわからないのですが
なにかが変わった感じです
とっても不思議な感覚、、、

お越しいただき方々、、、
どうもありがとうございました



奏でた人
笛:松田弘行
トンパクフレームドラムと唄い:蔡怜雄(さいれお)

踊った人:
加島牧史、斉藤直子、柳井真弓、加藤由美子、武沢昌子

古事記の神代一之巻(宇宙の初め)
文:本居宣長(江戸時代の国学者・文献学者・医師)


Gallery bar Kajima
http://kajima.de-blog.jp/

0911201403.jpg




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。